【質問】不動産投資って誰のためになるの?【結論:あなたのためではない。】

不動産

こんにちは。

あなたは、「不動産投資しましょう!」って言われたことありませんか?

ぼくは、何回もあります。でもお断りしています。

理由は、簡単。勧めてきた人の利益にしかならないからです。

不動産投資って自分の利益のためにするって思っていませんか?

実は、ほとんどの場合が、間に入る不動産屋のためになっているのです。

では、このことを深掘りしていきます。

確実に儲かるのはだれ?

不動産屋です。
まず以下のお金が不動産屋に入ります。

・仲介手数料
・管理費(※管理を任せた場合)
これは、ビジネスとしてまっとうです。

しかし、以下のお金もあなたの知らないところで不動産屋に入ります。

・紹介料
これがめちゃくちゃ大きくて、目に見えてこないので厄介です。

たとえば、あなたが投資用のマンションを建てようとするとき、まず不動産屋に土地を仲介してもらいますよね?ここまでは全然OKです。合法です。
そして、建設会社を紹介してもらうとします。すると、仕事をもらった建設会社は、紹介料を不動産屋に払うことになっています。その紹介料は、あなたの建てようとしている建物価格に乗っかってきます。つまり、不動産屋は、仲介手数料と仕事の紹介料をもらうのです。

たしかに、仕事を紹介してもらって紹介料を貰うのは、悪いことではありません。問題は、その紹介料がめちゃくちゃ高いことがあるのです。悪質だとおもいませんか?

もちろん良心的なところもあります。
しかし、ぶっちゃけ悪質なところが多いです。
昔からこのやり方でやっているから、悪質だと全く思っていないのです。

ポイント

見えないところで、紹介料が乗っかってくる。

それだけではない紹介料

今度は、建物が完成してから発生する紹介料です。

・引っ越し業者からの紹介料
・インターネットの紹介料
・浄水器の紹介料
・清掃の紹介料
・現状回復の紹介料
・設備更新の紹介料
などなど。

間に不動産屋が入ることにより、借主・貸主にはわからないカタチで、
どんどん紹介料が加算させています。

ひどい話です。しかし、現実です。
こんなひどいことを許していいんでしょうか?

ポイント

紹介料がどんどんどんどん積みあがる

 

さいごに

このようにして、見えないところで、多額のお金が動いています。

貸主・借主・職人さんは、搾取されているのです。

このようなビジネスはおかしいです。

自分だけでなく、関わる人みんなが、幸せになるようなビジネスにすべきだと思います。

さいごまでお読みいただきありがとうございました。