【神社シリーズ】恵比須神社【佐世保】

未分類

私は建物を見て周るのが好きです。

ビル、再生物件などいろいろありますが、

一番好きなのは神社です。

理由としては

・建物としての存在が好き。
・その神社の歴史を知ることが好き

だからです。

では、今回は私が良く通る道にある恵比須神社を紹介していきます。
(完全に雑学ですが、建築的なことも書いています。)

場所はここ↓

五番街から海の方へ2分ほど歩いたところにあります。

近くには新鮮な魚を買うことができるフードセンターや公園があります。

外からの様子

木で神社が囲われており
いかにも神聖な感じがします。

では、中へ

この写真を見るときちんと整備されていることがわかりますよね?それだけ大事にされている証拠だと思います。

正面から

正式には「浦亀 恵比須神社」というみたいです。

正面からみると背筋が伸びる感じしませんか?私は感じました。また、空気感が外とでは全然違います。

また、向かって左にはこの神社も歴史が書いてあります。

歴史

今では万津町と言われていますが、昔は恵比須市と言っていたんですね。

建築的なこと

屋根の上にクロスしてある木を見てみてください。

これを千木(ちぎ)といいます。

実は、この千木を見るとここの神様が
男の神様なのか、女の神様なのか
判断することができます。

・男の神様の場合→千木の先端が垂直
・女の神様の場合→千木の先端が水平

ちょっと頭にいれておけば、他の神社に行ったとき、見るポイントが増えて面白くなってきますよ。

ちなみに伊勢神宮は天照大神で女の神様です。
なので千木を見ると先端が水平になっています。

 

さいごに

歴史があり、今でも町内の方々に大事にされている神社でした。

アクセスもしやすいとことなので、一度参拝に行ってもいいかもしれませんね。

千木も確認してみてくださいね。