【勉強は質より量!】その理由は?

未分類

 

結論

勉強は質より量です。

世間一般では、効率!効率!効率!と言われています。
確かに作業なら頭を使わないので、効率が良いほうが絶対いいです。

しかし、勉強・知識を得ようとするときは、そうではないと思います。

一級建築士、建築基準適合性判定、宅建の資格に合格した私が断言します。

では、理由を3つ挙げていきます。

①間違えをたくさんしないと人は覚えられない。

この事実は脳科学的にも正しいそうです。

記憶に定着されるには
間違える→悔しい→記憶する という順序を踏むのです。

つまり、記憶するには間違えて悔しい思いをすればいいのです。

問題をたくさん解いて間違えて悔しい思いをする。

そうすれば無理に覚えようとしなくても頭に定着していきます。

 

②ノートにまとめること自体が無駄。

ノートを綺麗に作り上げる人っていますよね。

でも、はっきりって無駄です。

だってそのノート見るだけでしょう?一時的には覚えることができてもこれでは記憶に定着しません。

綺麗にまとめる時間があったら、たくさん問題を解き、間違えて悔しい思いをした方がいいのです。

 

③点と点がつながってある時、いきなり分かるようになる。

iPhoneを作ったスティーブ・ジョブズがある有名なスピーチでこういうことを言っていました。

将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。運命、カルマ…、何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。私はこのやり方で後悔したことはありません。むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。
(出典:日経新聞より)

これは勉強にも応用できます。

勉強してもわからない→結果がでない→不安になります。

でも多くの問題を解いていれば、今は分からなくても、だんだん知識が増えていき

点と点がつながりいきなり分かるようになるのです。

例えば、人の話しを途中から聞き始めた時は、何言っているかわかりませんよね。
ただ、最後まで聞いていると大体こんなことを言っていたんだなあとわかりますよね。

まさにこの感覚と同じです。

私もこの感覚すごくわかります。うんうん悩んでいたことがある時いきなり分かるようになります。

ものすごい快感ですよ。

まとめ

以上、勉強は質より量の理由でした。

分からないとき、結果が出ないときは本当に苦痛ですよね。

でも、その先にはものすごい快感が待っています。

この快感まじでやばいですよ!