2018波佐見皿山器替まつりに行ってきた!

イベント

こんにちわ。

そこのあなた!突然ですが、陶器は好きですか?

私は、いままであまり興味がありませんでしたが、佐世保に帰ってきてからすごく興味が出てきました。

理由としては、
①有田や波佐見では、陶器のお祭りが頻繁に行なわれており、安くていいものが手に入る。

②インテリアの一部として使うことができ、部屋をおしゃれにすることができる。

③陶器市などでは、まるで宝探しをしているような気分になり、楽しいから。

です。

今回は、「波佐見皿山器替まつり」に行ってきたのでレポートしておきたいと思います。

皿山器替まつりとは?

波佐見町皿山郷一帯で、毎年12月初めの土曜日と日曜日に行われています。

このお祭りでの一番のウリは、自宅で不要な器になったり、欠けてしまった器を持って行くと、各お店にて好きな器をなんと5割引きで購入することができます!

なんとも太っ腹なお祭りです。

しかも、各お店では、お茶やお菓子などを出してくれるおもてなしまでしてくれます。

参加しているお店は?

(ちょうどパンフレットをもらったのでアップしておきます。)

参加しているお店は8店舗です。

  • 田澤幸祥窯
  • aiyu
  • 濱田屋
  • 正光窯
  • 松尾陶器
  • 治浦窯
  • 器楽館 孝商
  • 利左エ門窯

駐車場も点在しているため、各店舗にアクセスしやすく配慮されています。

では、お店の様子を見てみましょう!

まずは、器楽館孝商です。

入口近くのかごに入っていた商品は300円くらいでリーズナブルでした。

中には、ディスプレイに使っていと思われるも木の部品がご自由にお持ち帰り下さにになっていました。この部品はインテリアにつかえそうなので一ついだたきました。ありがとうございました。

次は、正光窯。

写真では伝わりにくいですが、ものすごく凝った陶器でした。この細かい糸のよ模様はどうやって作ったのだろう?

次はaiyu。

外観からしておしゃれです。

アウトレットコーナー。訳アリだそうですが、全然きれいでした。

おもてなしは、ピクルスとお菓子とお茶でした。

薄味のピクルスでおいしかったです。お酒にだけでなく、緑茶にも合いました。

私のお勧めの窯は?

いろいろまわりましたが、私のお勧めは、

利左エ門窯です。

ホームページのリンクはここ。

このような青い器見たことありませんか?青鎬というシリーズだそうです。

触ってみると、しっかりしたつくりになっているのはもちろんのこと、デザイン的にもおしゃれで、食卓がすごく生えます。

我が家では、平皿、大皿、スープカップ、小鉢など10個以上は所有しています。どれもお気に入りです。

店内はこんか感じでした。青鎬以外にもいろいろならんでいました。

これ↑は飴釉(あめゆう)というシリーズです。つやのある茶色でこれからの時期にはぴったりだと思います。

お店の外にはアウトレットコーナーありました。
アウトレットなので、ちょっとムラやキズがあったししますが、普段使いならまったくもって問題ないレベルでした。

また、ここでのおもてなしは、お饅頭をいだたけました。おやつにピッタリでおいしかったです。ありがとうございました。

最後に

我が家は、お茶碗2つと小鉢を買いました。安くて、いいものが買えたのでとても満足です。

「不要な器をもっていけば半額で買うことができ、しかもおもてなしまでしてもらえる」本当に素敵なおまつりでした。

また来年も必ず行きます。あなたも行ってみては?